前へ
次へ

髪型や髪色に関する葬儀マナー

お通夜やお葬式には、一般的な葬儀マナーが存在します。
服装やアクセサリー、靴やストッキングなど細かな葬

more

周囲に不快感を与えない葬儀マナー

女性の方は日常的にメイクをしますが、お葬式の時も普段と同じメイクで参列している方はいないでしょうか。

more

恥ずかしくない葬儀マナーを身につけよう

大人になると友人知人の葬儀に参加することもあるでしょう。
こどもの頃は取り敢えず親の後ろにいたら良かっ

more

家族葬が好まれる理由

両親が高齢になってきていることもあり、最近はお墓や葬儀について関心を持つようになってきました。
お墓は特に要らないと思っているのですが、その前に葬儀は最低限、やらなくてはいけないものだと認識しています。
しかし、あまりにも費用がかかるのは困るので、その点を検討中です。
そんな時に家族葬について知る機会を得ました。
最近とても人気があるそうです。
家族葬は文字どおり、家族だけで行う葬儀を指します。
特に盛大に行う必要はないと思っているので、まさに我が家の考えにピッタリです。
ただし、家族葬といっても細かく分けるといろいろあります。
葬儀会社によっても費用やプラン内容に違いがあるので、よく比較して決めた方がいいでしょう。
我が家では家族と親戚数名くらいしか出席しないと思うので、10名くらいのプランでちょうどいいと考えています。
そして内容も最低限のことができればそれでいいと思っているので、50万円近くかかるのはいただけません。
例えば直葬のように火葬だけといったプランは15万円前後でできると言われています。
家族葬はそれにちょっとプラスした形になることが一般的です。
30万円から40万円程度でできるところも増えてきているので、そのくらいを検討しているところです。
生前葬や終活といった形で早めにプランを検討する家庭も増えてきています。
我が家も早めの準備をしておいた方がいいかもしれません。
そうすれば、当日、いざという時に慌てずに済むからです。
身内が亡くなってから急いで検討するとなると、どうしても複数の葬儀会社を比較する時間はとれなくなってしまいます。
あらかじめ、いくつかピックアップしてプランや費用を比較しておいた方が安心です。
そんな理由から、今、いろいろと比較しています。
もちろん両親の意見を尊重して選ぶつもりです。
どんな内容が主流なのか、人気なのかといった点を参考にして満足のいく葬儀ができればいいなと思っています。

ビジネスチャンスが起こる取り組みに興味がある方はコチラ

13,000社を手がけました
これまでに13,000社以上のホームページ制作を行っています。

日本人運動選手への貢献活動
全国の有力な運動選手が出場するスポーツ大会の内容充実やスポーツレベルを高めるための貢献活動です。

キャンペーンは2020年3月31日まで
無料の保険相談サービスを受けると期間限定で国産牛ステーキやコシヒカリといった美味しい食べ物がプレゼントされるキャンペーンを開催中です。

ロンドン留学で人生を変えませんか?
違う世界を見ることで人生観や価値観が変わるかもしれません

Page Top